NewYork 便り  永井 司
2001/1/12〜2001/4/9

この記事は旧ホームページに掲載されていたものを、そのまま転記したものです
(2005/6/8)

Date: Mon, 09 Apr 2001 11:12:55 -0400
From: Tsukasa Nagai
Subject: [kitano77:01272] マンハッタンから

日本は既に桜が満開で、春爛漫と聞いていますが、ここマンハッタンは未だ
寒く、今日やっとコートなしで出勤しました。4月に入っても暖かい日が3日
と続かず、比較的雨が多い日が続いています。
今年の冬を飾った街路樹の電飾も片付けられつつあり、木々は直ぐにでも
若葉を出そうと芽が萌えています。太陽の上る位置が北上し、日差しも強
くなってきました。昨年11月に冬季休業に入ったゴルフ場からオープンの
通知が来たり、オペラの来期の切符の予約案内が送られて来たりして
(オペラは4月一杯で終了です。)、冬が終わり、いよいよ春が来たとい
う感じがします。

当地では至る所にレンギョウが黄色い花を付け、ラッパ水仙も咲き始めて
います。日本の4月というと、青空にピンクの桜の花を連想しますが、
マンハッタンではこのレンギョウとラッパ水仙の黄色が春到来を告げる
色の様な気がします。
East Riverに浮かぶ小さなルーズベルト島に結構桜が植わっており、
この見頃は1・2週間先かも知れません。
(ルーズベルト島についてはいつかの機会に説明したいと思います。)

やっと冬が終るので、人一倍ほっとしています。今年の冬は寒かったの
ですが、それよりも乾燥に悩まされました。1895年から数えて、16番目に
Dryな冬の由です。
部屋の中で通りすがりに、家内と肩が触れるだけで、静電気でピリピリ
と来ます。最初の内は、「二人は一触即発の関係だなー。」などと冗談を
言っていましたが、ドアからスイッチ、窓際まで、触るところ全て
ピリピリの状態で、気が休まる時がありませんでした。
加湿器をつけるのですが、なかなか効きません。

乾燥で肌が乾き、ボリボリ掻いている内に、引っ掻き傷はつき、その上
乾燥性の蕁麻疹が出てきて、脇腹から背中一面が赤くなりました。
急いで日本人医者に行き、抗ヒスタミン剤とステロイド軟膏で抑えている
状態です。
当地の駐在員は最初の冬に結構乾燥肌になるとの事です。この国の人も
乾燥肌には悩まされているようで、薬局にはMoisturizerが棚を占拠していま
す。

「背中で泣いてる唐獅子牡丹」なら映画や唄にでもなりますが、
「背中に真っ赤な蕁麻疹」では、全く様になりません。あーカユイ。
 ナントカナリマヘンカナー。

--
永井 司 Tsukasa Nagai
Mitsubishi International Corp., New York


--------------------------------------------------------------------------------

Date: Fri, 12 Jan 2001 12:06:22 -0500
From: Tsukasa Nagai
Subject: [kitano77:01208] NY便り

米国は、大統領選挙の結果、手作業集計を認めるか否かで連邦最高裁まで
行くという、以上事態でしたが、結局はゴアが敗北宣言を行ったことで
ブッシュが大統領についた感じです。つまりブッシュが勝ったというより
ゴアが負けた結果、ブッシュに大統領が転がり込んだという印象を受けて
います。今後の4年間の実績次第ですが、あまり強い大統領にはなれない
可能性の方が強い感じです。

NYは昨夏は冷夏でしたが、今冬は同じ「れいか」でも、「零下」の方で、
非常に寒い日が続いています。正に耳がちぎれるほどの寒さだ、耳覆いを
して、通勤しています。
年末に振った大雪が、まだ道端に小山になって残っており、そこに使い
古したクリスマスツリーが打ち捨てられています(これは別途収集され、
肥料に使われますが)。うら寂しいものです。
12月の小売販売は前年比0.7%しか伸びておらず、昨年までの
4−5%の伸びと比べると、消費者の購買意欲の減退がはっきり現れて
おり、さしもの好調な米国経済も、そろそろ峠という感じです。
寒さが更に身にしみる昨今です。

--
永井 司 Tsukasa Nagai
Mitsubishi International Corp., New York