2017年度 同窓会報告
   3月末には77期生全員が満70歳になるという節目に当たる事もあり、今回は古稀を祝う会として2日間にわたる4つのイベントを催しました。
 4月16日(日)には、12時20分から、33名がアクアライナーに乗船して淀屋橋港から造幣局、桜ノ宮、大阪城などを巡りました。晴天の下、大川沿いの桜が満開で、とても華やいだ浪花の春景色を楽しむことができました。続いて13時30分から50名が、北浜史跡散策として、大阪学問の源流となった懐徳堂の跡や適塾を生田美智子さんのガイドで見学しました。参加者の内の若干名はその後、大川端の桜を見ながら造幣局の桜の通り抜けにも行きました。続いて、同窓会のメインであるホテルグランビア大阪での宴会は16時30分に始まり91名の参加者が集いました。今回は、「ご馳走より、美酒に酔うより、話に酔いしれるのが一番」というコンセプトで、宴会での催し物をできるだけ少なくして、話し合う時間をとるようにしました。
 今回の唯一の催し物は、北野高校創立80周年記念祝歌の作曲者であり、音楽の道を志され2年生途中から東京の音楽高校へ転校された松田昌さんが、鍵盤ハーモニカで演奏して下さいました。今も日本各地で演奏活動をされているプロの音楽家だけあって、その場を盛り上げる楽しい演奏には同窓生一同大変な喜びようでした。
 宴会の終了前には、次回同窓会の担当組を決めました。これまでの3年の組の組み合わせでなく、2年の組の組み合わせとなり、次回は2年3組と10組が担当することになりました。
 翌17日(月)の室生古道散策は、18名が参加して仏隆寺から室生寺までの室生古道を歩きました。前日までの酷い天気予報にもかかわらず、仏隆寺から室生寺までは雨にも降られず、丁度満開の仏隆寺の千年桜や西光寺の城之山桜の見事さに感嘆しきりでした。天気予報が酷かったせいか、室生古道は私たちの借切りとなり、室生の山里の春景色を独り占めで堪能する事ができました。また、室生寺門前の橋本屋旅館で食べた昼食も、とても満足のいくもので、古希同窓会を締めくくる催しとして、いつまでも心に残るものとなりました。
小西忠光さん、佃一良さん、橋本泰明さんによる当日の写真はこちらをご覧下さい。
@ 大川クルージング&北浜史跡散策
A 宴会
B 室生古道散策(仏隆寺から室生寺)
 
−2017年度幹事団一同−

2016年度 東京地区同窓会の報告
  2016年10月22日 に開催されました、東京地区同窓会の報告です。
当日の様子はこちらの写真を御覧ください。
動画もYouTubeでご覧いただけます。

2016年度 同窓会
 

 盛大に開かれた50周年同窓会の翌年でしたが、従来規模ののべ60人の出席となり、6組&9組からなる幹事一同、喜んでおります。  幹事会では最初に、「どういう同窓会にするか?」を話し合い、二つの柱を決めました。 
 一つ目は、「50周年の翌年なので今回は、簡素にしよう」ということ。
 二つ目は、「楽しく生きよう!」をテーマにして、今をどう生きるか、生きているかを話してもらうことにしました。 後者に関しては、専門家の飯田紀彦君にわれわれシニア向けに「熟年の輝き」のお話しを、また人の方に「シニアライフを楽しむ」ということで映像を交えてお話していただきました。
 高校時代の思い出も生きていくうえでの糧になりますが、思い出だけではなくて、同期の仲間たちが「今何をしているか」を知り合うことは、お互いの励ましになったと思います。 スピーチして頂いたみなさんや飯田君に用意していただいたスライドはこちらを、当日の同窓会の写真はこちらをご覧ください。
 8組と10組からなる次期幹事団からの来年の同窓会案内にご期待ください。それまで体調に気を付けて過ごしましょう

 
−2016年幹事一同−

卒業50周年記念同窓会
   今年は卒業して50周年と言う節目に当たる事もあり、77期では初めてであろう100人超えを目指して幹事(3年3組、7組)&関係者で勧誘等に努め、一次会には119名、二次会には101名の参加を得て、5月30日(土)12時半〜ホテルグランヴィア大阪にて盛大に催されました。
 卒業以来、50年振りという方も多く、会が始まる前から会話が絶えず、出だしから会場の照明を全部消さないと会を始められない位、賑やかで熱気がありました。会は定例通り、開会宣言から始まり、物故者への黙祷、乾杯、お食事タイムを経て、東京活動報告がなされ、その後、同期の藤田充也氏による特別講演「検察の肩のこらないよもやま話」へ。講演者は長年勤めた検事であり、刑務所での運動会、ヤクザの刑事事件答弁、同窓会に纏わる不倫の話など日頃聞けない面白いお話が一杯で場内は爆笑の渦でした。
 ついで、同期の岡村隆久画伯による似顔絵コーナーでは、似ている似ていないで盛上がり、高校時代の貴重な映像のスライド映写で当時を懐かしみ、より詳細バージョンのDVDの紹介・販売と記念文集“星霜50年”発刊(同期全員に配布)の話、更にはSkypeで千葉房総の同期との対話、お世話になった方への感謝状贈呈など催しが続き、元応援団の福田稔氏のフィナーレエールとともに校歌斉唱で1次会が締めくくられました。継続した2次会も含め、アッという間の5時間半で名残惜しい限りでした。
 毎回写真担当を戴いている橋本泰明氏&花原清和氏によって、当日の楽しい・思い出深い笑顔の写真をたくさん集めてくださいました。当日の写真はこちらをご覧ください。次回は3年6組と9組が幹事を引き受けてくださいます。ご案内を楽しみにお待ち下さい。
 
−2015年度幹事団一同−

2014年度 同窓会
   「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、同期会からはやひと月、気候に翻弄された冬もようやく終わり、春がそこまで近づいていますね!
 今年は3年2組と5組が幹事を担当し、一次会には69名、2次会には56名の "元" 美少女、美少年達が集いました。
 今回が初出席、当日がお誕生日の方々も居られ、初めてのコンビとは思えない浅野・西村両氏の司会に会場は何度も爆笑の渦が巻きました。
 永久シードの橋本カメラマンと助っ人の中山カメラマンが当日の賑や笑顔をたくさん集めてくださいました。 当日の写真は、こちらをご覧ください。 来年は3組と7組が幹事を引き受けて下さいます。 ご案内を楽しみにお待ちください。
 
−2014年度 幹事一同−

2013年度 東京同窓会
   当日の写真は、こちらをご覧ください

2013年度 同窓会
   2013年度77期同窓会は、4月13日にプラザオーサカで開催されました。
 今年からクラス持ち回りで幹事を受け持つことになり、今回は1組、4組が合同で開催 しました。
 当日の写真は、こちらをご覧ください

2012年度 東京同窓会
   10月20日の同窓会に、24名もの同期生にご参加いただいたこと、幹事として大変感謝しております。
女性の参加者をもっと多くとのご要望を受けて、女性好みの企画をたて、ハガキ案内を送ったりと試みましたが、これは不発で、ちょっと残念でした。   それでもいつも以上の数の同期生に足を運んでいただいたこと、大変うれしかったです。   今回は同期生が集まり、一緒に美味しいものを食べ、お互いの健康を確認し合う・・というだけの会でしたが、  人生のターニングポイント年代に入っても、それぞれの方が意欲的に新たな目標を定めて、 人生をエンジョイされている姿に接し、大いに刺激を受けました。 本当にありがとうございました。 
 当日の写真は、こちらをご覧ください。 
 
今年度東京同窓会幹事 清水 山本 

2012年度 同窓会
   2012年度77期同窓会は、4月14日に昨年と同じく母校で開催されました。
 今年は54名の参加者で二次会も大勢で楽しみました。
 当日の写真は、こちらをご覧ください

2011年度 同窓会
   2011年の77期同窓会は、4月16日に母校で開催されました。
 今年度から日程が変更になりましたが、ほぼ例年と同じ60名の参加があり楽しくすごしました。  二次会会場は昨年と同じプラザオーサカ。
     当日の写真は、こちらをご覧ください。

2010年東京同窓会
   平成22年10月16日(土)18時より日本橋室町にあるワインハウス・エルミタージュに22名が集まりました。 大阪からは小澤基人さん、澤山操さんのお二人、岐阜から中野正大さんに参加頂きました。
 エルミタージュとは隠れ家という意味だそうで気取らない雰囲気のお店でスイスチーズホンデューとフランス料理を楽しみました。
 週5回のフィットネスクラブで体脂肪率15%を維持している人、八ヶ岳散策を日課にしている人、 50Kmを泳いで平気な人、セルビア語の博士を目指す人、もちろんまだまだ仕事に追われている人などなど
多彩な内容でそれぞれ感心したり、納得したりの連続でした。 2次会も15名の方が参加され昔話に花が咲きました。
 なお次年度の幹事は永井司さん、山本英司さんのお二人が選任されました。
 当日の写真はこちらをご覧下さい」
 
幹事 佐々木三郎、 一宮寛 

2010年度 同窓会
   2010年の77期同窓会が、2月20日に母校で開催されました。
 当日の参加者は61名で、楽しい話や、テーブル対抗知恵比べ、懐かしい写真のスライドショーでもりあがりました。 二次会会場はプラザオーサカで。
 詳しくは写真でお楽しみください。

東京六稜77同期会
  先週の17日(土曜)に、今年度の77期東京六稜同窓会が開催されました。
 一次会 22名  二次会 19名  の参加により、楽しく、和やかな会となりました。
 騒いで盛り上がるということではなく、各人の近況に対する思いやりと敬意に満ちた暖かい大人の会であったことを、皆様にご報告いたします。
 大阪から、澤山さんと浅井さんに、ご出席いただきました。 幹事として、ご出席いただいた皆様に御礼申し上げるとともに、77期東京同窓会の暖かく、素敵な雰囲気に、誇りと感謝の気持ちを表したく思います。
 なお、次年度の幹事に 一宮寛さんと佐々木三郎さんが、選任されました。
 当日の写真はこちらをご覧ください
 
幹事 太田省三、細見裕子

2009年度 同窓会
   2009年2月21日に開催されました。
 開催結果の報告はこちらをご覧ください 。 
 当日の写真はこちらからどうぞ。

2008年秋期六稜77期ゴルフ会
   2008年10月23日、茨木国際ゴルフ倶楽部にて20名が参加しました。
 当日の写真はこちらから。

東京六稜77同期会
   東京六稜77同期会は10月18日(土)、大阪からの11名を含め、総勢38名の多数の参加を得て 銀座にある「Sun Mi 高松本店」にて17:00から開催されました。
 昔懐かしい顔との再会で、還暦を過ぎた一同もこのときばかりは高校時代に逆戻り、昔話などで会は大いに盛り上がり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。その後、後藤隆宏君のご配慮により、新橋にある「Sepian」に会場を移し、これには32名が参加、いつ果てるともなく大いに談笑しました。
 夜も更け、後ろ髪を引かれる思いで、お互いの健康と再会を祈りつつ、帰途に着きました。
 皆様本当にお疲れ様でした。お陰さまで今年度の同期会を無事終えることができました。また、大阪からはるばる駆けつけてくれました11名の方、本当に有難うございました。幹事として改めて御礼申し上げます。
 最後に、次期幹事として太田省三君、アシスタントとして細見裕子さんが選ばれましたこと報告いたします。当日の写真はこちらをご覧ください。
 
笹山比佐夫、金田満代

栄原永遠男  歌木簡の話
   2008年6月18日、朝日新聞他
「木簡に万葉集の歌を見つけた大阪市立大教授」



 2008年春季六稜77期ゴルフ会
     2008年5月18日(日)
     茨木国際ゴルフ倶楽部に23名が集まりました。
     当日の結果はこちらをご覧ください。

 2008年度 同窓会
     2008年2月23日(土)
     56名の皆さんが集まりました。
     当日の写真はこちらをご覧ください。  

 2007年度 還暦記念同窓会
     今年は2007年2月24日(土)
     100名近い同窓生が集まり。二次会、三次会と歓談しました。
     また、岡本画伯作「紅屋」写真館でももりあがりました。
     当日の写真はこちらをご覧ください。  

  東京地区 還暦記念同窓会
     2006年10月21日(土)に開催されました。
     開催結果の報告はこちらをご覧ください 。

  東京地区同窓会
     2005年10月15日(土)に開催されました。
     開催結果の報告はこちらをご覧ください 。 

 春藤農場「穆の里農園」体験ツアーのお誘い (2005/5/21実施)
        鴨川の春藤さんからお誘いいただいています。
        盛大に催されました、当日の様子は こちら をご覧下さい。

 メーリングリストに参加しませんか? 同窓生の連絡用メーリングリストを開設しています。
        お問い合わせは、 email ML担当幹事

 写真を探しています!!
     懐かしい頃の写真をお持ちですか?  学生の頃の写真をデジタル化して、皆様にご覧いただこうとしています。
     お手持ちの写真を提供いただけませんか?  詳細は、 email写真担当宛ご連絡ください。

 幹事募集
    今後の同窓会の運営スタッフとして、お時間の取れる範囲でご協力いただけませんか?
    詳細は、 email幹事宛ご連絡ください。